ベックスマスター

ホーム > ベックスマスター(コンセプト)

BECS MASTERの信条

私たちは可能な限りお客様の会社を多くの機会に訪れたいと思っています。直接的にお客様と対峙することや、お客様のパイプベンダーに対してのとらえ方などを知ることはとても重要なことです。

パイプベンダーは1つでもパーツ部品が不足すると完成機として正常に運転することができない、すべてのパーツを自社で調達できる体制を作る上で、お客様のベンダーの使い方、満足度、希望を肌で感じとることは当社の改善のヒントになり、このことが次の開発へとつながります。1から10まで自社で機械を製造することができるからこそ、ベンダーのロングライフのシンプル化と高機能のモジュール化が実現されることになります。

新しい時代に合ったパイプベンダーを作り上げお客様に満足して使用していただく上で、すでに稼動中の機械の保守点検、部品交換、修理を実施することも同時に必須のことと考えます。

この様な技術サービス(アフターサービス)を支援する為に当社ではサービスパーツ部品の保管、サービス工具、測定機器、さらにその為の図面保管、技術サービス員、サービス拠点を全国に配置して、お客様の緊急故障時のバックアップ体制、安心感、防災対策をととのえています。

納入後の高い稼働率を保持するための提案・メンテナンスの実施などお客様の立場に立った企業活動を推進しています。

BECS MASERブランドとは

BECS MASTER(ベックスマスター)は日本国内はもちろん世界共通の当社固有のブランド名で商標登録されており、2004年得意先及取引先の当社への企業イメージアンケートと当社がめざす未来への展望を一体化して誕生したブランドです。

BECS(曲げる、拡げる、切る、測る)とはパイプ塑性加工を中心としたすべての金属パイプに関わる加工をMASTER(加工の達人)として自社生産によるオリジナル機械によって加工の極地までこれ以上精巧にできないところまで探究した「完成されたパイプ加工美」を表現することを表しています。

パイプ加工の課題(ニーズ)が生まれた後、当社の加工技術により最適の加工機械を提案することによりこの課題を1つずつ解決していくという過程の積み重ねが当社社歴63年間となります。

その結果、これまでの各年代に国内初の新鋭機を開発してきた実績として築き上げてきました。

このページのトップへ