ベックスマスター

ホーム > ベックスマスター(コンセプト) > ベックスマスターとは?

ベックスマスターとは?

ベックスマスターは千代田工業のブランド商標名です。
国内唯一の総合加工機械メーカーとして金属パイプのあらゆる加工をカバー。自社生産体制はベックスブランドの誇りであると共にお客様から高いご評価をいただいております。

パイプの曲げを中核とした当社加工機械が対応できる範囲は

1
加工条件
冷間加工(材料を加熱しない。常温加工)
2
素材材質
鉄(鋼)材、銅、アルミニウム、ステンレス、真鍮、チタン、マグネシウム合金、被覆の二重管
3
素材形状
パイプ(丸、角、異形材、アルミ押し出し材、鋼線材、フラットバー、圧延鋼材/dd>
4
被加工材寸法
線材φ1 MIN~丸パイプφ300 MAX

ベックスマスターは加工技術の進化に合わせ、金属素材以外のゴム、樹脂、プラスチックなどお客様の求められる各種加工機をご提供いたします。

BECS MASTER

BENDING 曲げる

BENDING(曲げる)は主としてロータリードロー曲げが最も多く用いられ、その他コンプレッション曲げ、ロール曲げ、ストレッチ曲げ、プレス曲げ、押し出し曲げ(マルチフォーミング)などの曲げ方式がある。

適応機種
CNCベンダー、ロータリーベンダー、蛇行曲ベンダー、両端曲ベンダー、ストレッチベンダー、マルチフォーマーベンダー、プレスベンダー、液圧ベンダー

EXPANDING/SWAGING 拡げる、絞る

EXPAND/SWAGING(拡管、縮管)はパイプ端末部又はパイプ中間部に拡管、ビード加工、フレアー加工、バーリング加工、カシメ加工、縮管、複合加工をすることを示します。

適応機種
パンチプレス、ロール回転成形、偏心プラグ成形、液圧バルジ、割コレット成形、パイプ回転成形

CUTTING 切る

CUT(切る)はパイプ造管工場で作られた定尺(5.5m)パイプ材を用途により所定の長さに切断する工程を示します。非鉄パイプのコイルパイプの切断は直線に矯正しながら定寸切断を1本~10本同時に加工できます。パイプ中間部の穴あけ加工も切断工程に含まれます。

適応機種
ロールカット、メタルソーカット、プレスカット、切断刃(バイト)カット、レーザーカット

SIMULATION/MEASURING シミュレーション、測る

SIMULATION/MEASURING(測る、シミュレーション)はパイプの加工精度、検査、データ測定など品質チェックと設計部門に必要な作業。3次元パイプ測定機は曲がりパイプの形状、精度検査に用いられ、シミュレーションソフト(ベンダーショット)はCNCパイプベンダーのデータ作成、パイプの曲げ干渉チェック、曲パイプの品質管理、設計には必須アイテムです。

適応機種
CCDカメラ式3次元パイプ測定機、ベンダーショット(シミュレーションソフトパッケージ)

ベックスマスターは必要とされるパイプの要求仕様に合わせて機械を選定したり、又は複数の機能を組み合わせた複合機械を製作したり、省力自動化ラインではこれらの機械を組み合わせてシステムラインとして構築することも可能です。

BECS MASTERには当社60余年のパイプ塑性加工機のメーカーとして基礎的加工技術の蓄積から加工機械の完全自社生産まで総合パイプ加工システムでお応えします。又、納入後の技術サービス体制も完備してお客様の強い信頼を勝ち取っています。ベックスマスターブランドは当社社員の誇りのシンボルです。

このページのトップへ